突然行けなくなった!そんな時キャンセルは可能?

人生何が起こるかわかりません。ですから、何らかの理由によって前々から楽しみにしていた旅行へ行けなくなってしまうことだって当然ありえることなのです。
そんな事態に陥った時に一番気になるのが、前もって購入しておいたチケットです。

キャンセルすることはできる!


行けなくなったからといってパニックになる必要はありません。航空券はキャンセルすることができるようになっているからです。
しかし、いわゆるドタキャン状態になるようなことはやめましょう。
何の断りもなくキャンセルをすることは相手の迷惑となってしまうからです。
やむを得ない事情でキャンセルしなければならない時は、必ずそのことを連絡するのを忘れないようにしましょう。
ちなみに、キャンセルをする際は手数料がかかりますので注意してください。
また、キャンセルをした時期によって料金も多様に変わってきます。
特に出発以降のキャンセル料はやはり高めです。よって、早い段階で予定の変更があり、旅行に行くことが難しくなった場合はその時点で連絡を入れておくようにしましょう。
前日でのキャンセルであれば、その手数料を抑えることができるからです。

他人に譲ることは不可能

せっかく買ったのにキャンセルしてしまうのはもったいない、とついつい考えてしまいがちですが、買ったチケットは最後までその人自身の物です。
他人に譲ってしまおう、と考えることはマナーとしてもよくありません。
そもそもチケットには申し込んだ本人の名前がすでに明記されているので、他人に譲渡し、使ってもらうということは不可能になっているのです。
チケットを購入する際は、このことに注意しておきましょう。

キャンセルをする時の心構え

チケット一枚用意するのもタダではありません。様々な人の手間や時間がかけられているのです。
たとえ実際にチケットを利用することがなかったとしても、かけられている手間数は変わることはありません。
キャンセルをする際は、チケットを購入した会社へその旨をきちんと知らせることが礼儀なのです。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫